HOME>トピックス>安い英会話スクールの特徴とは?【入学金やレッスン料の値段に注目】

費用を抑えたい

英会話スクールの費用はスクールによって異なります。できるだけ費用を抑えて通いたいという人は多いです。通う前にどこを見ておくのがよいのでしょうか?チェック項目として特に見て欲しい所をランキングに順位付けしてみました。

費用があまり掛らない英会話スクールを選ぶ時に見ておいて欲しいポイントランキング

no.1

入学金

英会話スクールを選ぶ時に一番に見ておくポイントは、入学金です。英会話スクールの中でも一番お金が掛かる所だからです。レッスン料が安くても入学金が高いケースもあるので注意が必要です。英会話スクールによっては入学金をとらないという所もあります。選ぶ時に重要項目なのでランキングの一位としました。

no.2

一回あたりのレッスン料

一回あたりのレッスン料も見ておくポイントとして重要です。一回あたりの料金を知るとひと月に掛る費用も分かります。入学した最初は入学金と一回あたりのレッスン料を足した値段になるので、覚えておきましょう。一単位のレッスン料はチェック項目として重要ですが、入学金と比べると優先度が下がるのでランキングの二位としました。

no.3

ひと月あたりのレッスン料

ひと月でどの位レッスン料が掛るのかも見ておくのは重要です。公式サイトによって一回あたりの料金を表記している所とひと月あたりを掲載している所で違います。月額の値段も見ておく項目として大切ですが、入学金よりは重要ではないので、ランキングの三位としました。

アルファベット

英語を話す場を作る

英会話スクールはたくさんありますが、相手の話していることは理解できるのだけれどどうしても自分が話すとなると言葉が出てこないという人には、話すことに重点を置いたスクールが最適です。とはいえ、英会話スクールに通うにはお金もかかりますし、決められた日時に行かなくてはならないという時間の制約も生まれます。いつ行けるかわからないという人は、単発で参加出来るカフェ英会話スクールに参加するのがおすすめです。準備はカフェで行っている英会話スクールに登録したあと、あらかじめ行ける日を事前にインターネットサイトから予約するだけと簡単です。時間はおよそ1時間程度ですが、その間、英語でみっちり話すことが出来ます。しかも1回500円と安いのも魅力です。

話すことで自信がつく

ある程度聞き取る能力があり、ボキャブラリーも豊富な人でも話すとなると難しく感じるのが英語の不思議なところですが、周りの人たちがみんな英語で話していたら、逆に日本語を話すことに違和感を覚える空間が出来上がります。気恥ずかしいという思いや、まだまだレベルが低いのではと思うときは、初心者でも行けるカフェ英会話スクールを探すのがいいでしょう。初心者ばかりを集めてくれますので、そこで少しずつ上達して自信をつけていけます。もちろん日本語は一切禁止というわけではなく、日本語も交えて英会話でのコミュニケーションを楽しむというスタイルのため、英会話スクールは緊張するという人にもおすすめです。月謝制ではなく、一回いくらという料金制度であることと、500円でレッスンができる安い費用は続けることにもつながります。

広告募集中